ホーム>商品情報>野菜苗>キュウリ(ウリ科)
野菜苗

キュウリ(ウリ科)

キュウリ(ウリ科)
  • 夏

キュウリ(ウリ科)

夏バテ防止に水分たっぷりのきゅうり、そのまま食べてもおいしいです。植え付け時期は4月頃。収穫時期は6月~9月にかけて収穫できます。

栽培期間

植え付け期間は暖かくなってくる4月位から植え付けを始めましょう。
収穫時期は夏。6月から9月頃にかけて収穫ができます。
種からまいても育てやすいですが、初心者の方には苗からの購入をオススメします。

育て方プランター編

1.準備
キュウリは、根が深く高さも150cm位まで成長いたしますので、プランターを選ぶ時は深めの物を用意しましょう。
 
2.土台作り
プランターの底が隠れるくらい鉢底土を入れます。その上から培養土をたっぷりと入れましょう。
 
3.苗植え
苗木を購入後、プランターに植えたら周りの土でしっかりと埋めましょう。
苗木を入れる前日には苗木にしっかりと水をあげる事で、ポットから出す時に崩れるのを防いでくれます。
 
4.支柱
キュウリはつるを伸ばしながら150cm位まで成長しますので雨風に備えてしっかりと支柱を立てましょう。180cm位のものを3本用意してピラミッドのように頂点部分をまとめて立てます。つるを支柱に誘引してあげてください。
 
5.水遣り
水を切らさないように土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげてください。夏場は朝夕と2回水やりを行うといいでしょう。日当たりの良い所で育てましょう。
 
6.整枝
成長を良くするために、ある程度の高さまで育ってくると下から30cmまでのつるは摘み取ってください。同時に花のつぼみも取りのぞきましょう。
 
7.収穫
開花後2週間くらいすると、収穫のサインです。手ごろな大きさなら迷わず収穫してください。
 
ポイント
プランターは深めの物を選びましょう。
たっぷりと水をあげ、日当たりの良い所で育てましょう。
支柱を立ててつるを誘引しましょう。

育て方花壇編

1.準備
キュウリは、日光を好む植物です。育てるときは日当たりの良い場所を選んでください。
 
2.土作り
畑を耕す時は植え付けの2週間前に終わらせましょう。畝(うね)を作る時は、幅は100㎝程度、高さは20㎝あれば大丈夫です。また乾燥や雑草防止のためマルチング(わらやビニールで畝を覆う)をお勧めします。
 
3.苗植え
苗植えを行う前日には苗木にしっかりと水をあげる事で、ポットから出す時に崩れるのを防いでくれます。株幅は50㎝ほど開けると良いでしょう。植え付け後はたっぷりと水をあげてください。
 
4.支柱
雨風に備えて支柱を立てましょう。またキュウリの場合を同時にネットも購入してくだい。キュウリはつるを伸ばし成長しますのでネットや支柱に誘引して成長の手助けをしてあげてください。
 
5.水遣り
水を切らさないように土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげてください。夏場は朝夕2回上げてください。
 
6.整枝
成長を良くするために、ある程度の高さまで育ってくると下から30cmまでのつるは摘み取ってください。同時に花のつぼみも取りのぞきましょう。
 
7.収穫
開花後10日くらいすると、収穫のサインです。手ごろな大きさなら迷わず収穫してください。
 
ポイント
たっぷりと水をあげ、日当たりの良い所で育てましょう。
ネットや支柱につるを誘引して成長の手助けをしてあげましょう。
キュウリが大きくなりすぎる前に早めに収穫をしましょう。

栄養分

キュウリには悲しいかな栄養分はほとんどありません。しかし、夏の暑い時期の体温調整や水分補給にも効果があり、熱中症対策にもなります。夏バテ防止のためにキュウリはオススメします。