ホーム>商品情報>野菜苗>カリフラワー(アブラナ科)
野菜苗

カリフラワー(アブラナ科)

カリフラワー(アブラナ科)
  • 秋
  • 冬

カリフラワー(アブラナ科)

ビタミンC豊富なカリフラワー風予防にもなります。植え付けは9月。11月から年内にかけて収穫できます。

栽培期間

植え付けは9月頃から植えるのが最適です。
収穫時期は11月から年内にかけて収穫が出来ます。
植え付けからおよそ80日ぐらいで収穫できます。

育て方プランター編

1.準備
白菜をプランターで育てるときは、大きいサイズの物を選んでください。幅が60㎝以上、深さは30㎝もあれば大丈夫です。
 
2.土台作り
プランターの底が隠れるくらい鉢底土を入れます。その上から培養土をたっぷりと入れましょう。
 
3.苗植え
苗木を購入後、プランターに植えたら周りの土でしっかりと埋めましょう。深植えにならないように注意してください。苗木を入れる前日には苗木にしっかりと水をあげる事で、ポットから出す時に崩れるのを防いでくれます。
 
4.水遣り
カリフラワーは乾燥に弱いので土が乾燥しないように、土の表面が乾いてきたら水をあげてください。
 
5.日焼け防止
カリフラワーが8㎝くらいになると外の葉を使って、カリフラワーの日焼け防止のために包んであげてください。
 
6.収穫
カリフラワーが10㎝~15㎝の大きさになると収穫時期です。刃物を使って切り取ってください。紐なのでやさしく結んであげると良いです。
 
ポイント
プランターは、大きく深めの物を選びましょう。
土を乾燥させないように水をあげましょう。
日焼け防止のための対策をしましょう。

育て方花壇編

1.準備
育てるときは日当たりの良い場所を選んでください。
 
2.土作り
畑を耕す時は植え付けの2週間前に終わらせましょう。畝(うね)を作る時は、幅は70㎝程度、高さは10㎝あれば大丈夫です。また乾燥や雑草防止のためマルチング(わらやビニールで畝を覆う)をお勧めします。
 
3.苗植え
苗植えを行う前日には苗木にしっかりと水をあげる事で、ポットから出す時に崩れるのを防いでくれます。植えるときは深植えにならないように注意して、植えたら周りの土でしっかりと埋めてください。。株幅は40㎝ほど開けると良いでしょう。植え付け後はたっぷりと水をあげてください。
 
4.水遣り
カリフラワーは乾燥に弱いので土が乾燥しないように、土の表面が乾いてきたら水をあげてください。
 
5.日焼け防止
カリフラワーが8㎝くらいになると外の葉を使って、カリフラワーの日焼け防止のために包んであげてください。
 
6.収穫
カリフラワーが10㎝~15㎝の大きさになると収穫時期です。刃物を使って切り取ってください。紐なのでやさしく結んであげると良いです。
 
ポイント
冷温を好みますので秋から冬にかけて育てましょう。
土を乾燥させないように水をあげましょう。
日焼け防止のための対策をしましょう。

栄養分

カリフラワーはビタミンCが豊富で、風邪予防や美肌効果もあります。その他にも高血圧の人にもオススメでカリウムが血圧やコレステロールを抑えてくれます。